まえがき
Wantedly の開発は2011年にスタートし、その歴史は10年を超えました。プロダクトとビジネスの拡大にあわせて、それを生み出す組織は大規模に、システムは複雑化し、変化をし続けています。
さて、この本は新しく開発組織に参加するソフトウェアエンジニアを主な対象読者として作成されました。 開発組織で最高のパフォーマンスが発揮できるようになるまでには、組織構造、アーキテクチャ、要素技術、リリース戦略、コミュニケーションチャネルと多岐に渡る知識が必要となります。それらの知識は少なからず組織のコンテキストと結びついていて、独自に獲得することは難しい性質のものです。また、時を重ねるにつれて、言語化されてない知識や、属人的に口伝で一部のみに共有されている知識が増え、組織全体での共有が難しくなる傾向にあります。本書にはそのような知識の中でも特に初期に知るべき内容を集約しています。この本が開発面でオンボーディングの道標となり、いち早く良い仕事をできるようになる一助となることを狙っています。また、本書の作成プロセスを通じて、知識の言語化および非属人化を進めることも目指しています。
この本は、社内ドキュメント版と書籍版(物理本及び電子本)の2つの形態をもちます。いずれも内容は同じで、継続して更新される社内ドキュメント版を本として広く社外にも配布出来る形にしています。入社を検討してくださっている社外の方に読んでいただくことで、開発プロセスや技術へ興味を持っていただき、より具体的な働くイメージを持っていただくことも、この本の副次的な効果として期待しています。コーポレートミッションやバリューを伝えるためのもう1つの冊子、Wantedly Culture Book と対になる形で、本書 Wantedly Engineering Handbook を読んで頂けると幸いです。
また、この本はアップデートをし続けることを前提とした永遠のベータ版です。Wantedly のプロダクトとビジネスが時代とともに変化し続けるのと同様に、プロダクトを生み出すために必要となるプロセスや技術も今後も継続して変化し続けるでしょう。年に1回おおきく内容を見直してアップデートを行う予定です。今後の更新を楽しみにしてください。
この本に関する最新の情報は https://wantedly.dev/ を参照してください。
最終更新 1mo ago
リンクのコピー